太りにくい体になるために

近年メタボリック症候群が社会的に問題となっているということもあり、食事制限や加圧トレーニングをされている方は多いです。適性体重を目指して加圧トレーニングスタジオを訪れる方も多いですが、人間はそもそもなぜ太るのでしょうか?

そもそもなぜ太る?

太りにくい体になるために

人間が太ってしまう理由は、人類がたどってきた歴史にもあるようです。日本はとても豊かな国と言われ、3食食べられない日は無いと言われています。
特に福岡には美味しいグルメがたくさんあります。

しかしこれまで人類がたどってきた歴史を24時間に凝縮してみると、食べ物に困らなくなったのは23時58~59分頃です。つまり、人間は飢えている時間の方が圧倒的に長く、効果的なエネルギー源となる脂肪を溜め込みやすくなったようです。

どうしたら太らない?

太らないようにする方法は、摂取カロリー量を減らすか消費カロリー量を増やすかのどちらかです。
摂取カロリー量を減らす方法は食事・糖質制限といった方法がありますが、周囲に美味しい福岡グルメやお店がある福岡では、モチベーションが続かないという方や食べられないということにストレスを感じてしまう方もいらっしゃいます。加圧トレーニングなど、消費カロリー量を増やす方法と組み合わせることでダイエットを継続していくことが重要です。

「太りにくい」体をつくる

適性体重を目指すために、消費カロリーを増やす方法はとても重要です。
それに加えて、リバウンド防止のために太りにくい体質になる方法として加圧トレーニングが注目されています。また、ダイエットの際、急激な体重の減少により健康を害する危険性が指摘されていますが、加圧トレーニングインストラクターがいる環境で適性運動量の範囲内で運動するのであれば、太りにくい体質になるための心強い味方を得ることができます。

太りにくい体になるためには適度かつ計画的な食事と運動、生活習慣が必要になってきます。加圧トレーニングを上手く利用してリバウンドしにくい体質を目指してみませんか?